本文へ移動

体験報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

進路選択の時期に先生との関係がこじれて

 中学2年の息子の5月の家庭訪問の折に進路などについて担任の先生と話し、ある程度、意思の疎通ができたと思っていました。しかし、2週間ほど経って、息子が理科の先生からの心無い言動が続き、精神的にしんどくて学校に行きたくないと言うので、担任の先生に相談の電話をしたところ、確認もせずに強い口調で、理科の先生の擁護をされ、一方的な言い方に私も感情的になってしまいました。
その後、連絡もなく、息子にはその場しのぎの言い訳をされ、気を取り直して学校へは行っていましたが、それ以来、親子共に先生への不信感が募り、精神的に辛い日々でした。
 
3年になり早くから色々な高校の見学を始めました。夏休みに今まで希望していた学校と随分違った学校を見学した時、帰り道で「あの学校でしっかり勉強したいな」と呟きました。
 
2学期に入り、他の教科の先生から理科の先生に言われたようなことを言われるようになり、私が学校に電話をすると、その先生は言わなくなるけれど、他の先生が言うようになるという、もぐら叩きのような状況になりました。信頼できる○○先生にご相談しましたが、状況はあまり変わりませんでした。
 
その頃から私に頭痛が起こり始め、時には激痛となり、HRにご相談させて頂きました。
頭痛の対処としては、首にHR水を噴霧したタオルを巻き、こめかみ、肩、腕の付け根、わきの下にもHR水を噴霧して休むようご指導頂きました。すると、翌朝には随分と楽になっていました。
 
先生との関係がこじれたことに関しては、家の間取りから見る水回りの位置など考えられる原因を一つずつ洗い出してくださいましたが、これというものに思い当たらず、HRから頂いたアドバイスを思い出しながら過ごしていました。
 
そんな中、息子は大好きな英語で市の英語祭の学校代表に選ばれていた為、その練習と友達に会えることだけを楽しみに学校に行くことができたようです。
こんな状況で内申が悪くなったら可哀想なので何とかしなければと思って動くのですが、思いが強ければ強いほど、動けば動くほど空回りする感じでした。
 
英語祭も終わり、進路を決める時期になり、息子は夏休みに見学に行った学校を第一志望にしました。
 
また、息子が一番信頼している○○先生に再度ご相談したところ、今度は「不登校になっては大変ですので私から先生に話してみます」と言ってくださいました。これで駄目なら息子を守るために不登校も止むを得ず、と腹をくくり帰宅しました。
 
その日の夕方、担任の先生から電話があり「○○先生からお話を聞きました。この件に関しては全て私が悪いので、お母さん、ごめんなさい。許してください」と何度も言ってくださり、進路に関しても「学年職員全員で面接練習等の準備をさせて頂きますので」とも言ってくださいました。
 
このような電話を頂くとは思っていなかったので、大変驚き涙が溢れました。
どうしてあんなことになったのか、詳しい説明はありませんでしたが、今までのことを咎めるよりも、おっしゃって頂いたことを有り難くお受けすることにしました。
その後は状況が一変し、今までのことが嘘のように、先生方から有り難いお声掛けを頂くようになりました。尽力くださった○○先生には感謝の気持でいっぱいでした。
 
この事をHRにご報告させて頂きました際に、お願い書を書いてみられたらとお声掛け頂き「第一志望校名、第二志望校名、息子にとって良い学校、将来に繋がる学校に合格させてください」と書いて事務所にFAXさせて頂きました。
 
お陰様で無事合格させて頂きました。
 
振り返ってみると、通常なら起こりそうもないことから、起こりそうもない展開になりましたが、息子の将来に繋がる大事な進路の選択の時期であったからこそ、このような体験をさせて頂き、良い方向へと導いて頂いたのではないかと思える出来事でした。
 
色々とお世話になり有り難うございました。心より感謝致します。
 
 

乳腺症

 更年期ということもあるのでしょうが、8年位前より乳腺症の症状がずっと続いています。
乳腺に作用するホルモンのバランスが崩れて、症状が出るようですが、初めの頃は痛みもかなりひどく、出血を伴なった膿や水のような体液が随分出て、下着も汚れ、布団も汚れ、とにかくたくさん出ました。
 
私は小さい頃とても病弱で、母親に連れられて病院通いばかりしていました。
幼稚園の頃、肺門リンパ腺になり「今日、病院へ行く日だから」と早くにお迎えに来ていたことを覚えています。
結婚して子供を3人授かりましたが、どの子供の時も母乳があまり出なかったので、それが原因なのでは?と思っていました。
しかし、HRのお話を聞いて原因の第一は、薬をたくさん身体に入れたことだと理解しました。
 
こんなにたくさんの薬が、長い年月の間に身体に溜っていたのかと思うと、痛みの辛さよりも、出させて頂けたことへの感謝の思いでいっぱいになりました。
病院へ行ったとすると、色々な検査をして、それなりの処置や投薬がなされると思いますが、HRにお尋ねすると“病原というのは複合的でいろいろな原因が重なって起こるので断定は出来ない”とのことでした。
 
乳腺症という形で薬を身体から出して頂いているのだと受け止め、病院には行かずHR本体を付け、HR水を噴霧し、辛い時には自分でヒーリングして乗り切って来ました。身体に症状は出ていても日常生活には全く支障なく、仕事も普通にこなすことが出来ました。この事がとにかく有り難く、HRのすばらしさを実感させて頂きました。

最近はだいぶ楽にならせて頂きまして嬉しいことなのですが、1月のセミナーに出席し、帰宅して普段通りの生活をしていましたが、夜中の1時頃、胸から出血がありタオルを当てておかないとどうしようもなく、寒さも我慢できず、布団の中でじっとしていましたら2時間程で出血も止まりました。
 
翌朝からはいつも通り動くことが出来ました。痛みがある訳でもなく、いきなりパッと出血し、夜中の数時間の出来事でした。これが日中だと大変なことになっていたと思うと本当に有り難いです。
その後もまた出血するかと心配していましたが、何も起こりませんでした。

私はHRに入会させて頂いて丁度10年が過ぎましたが、それまでは偏頭痛がひどく、肩が凝るとたちまち歯が痛み出し、肩から頭まで片方の側がとても痛み、なかなかこの状態が取れず困っていました。
それが入会後、気がつくと肩もあまり凝らなくなり、偏頭痛はすっかり治ってしまいました。

また、花粉症もかなりひどく、息が出来なくなるほど鼻がつまったりしましたが、これも3~4年で治ってしまいました。
花粉症も辛いですが、鼻水になって身体の中に溜まった薬が大量に出てくれるので、身体は綺麗になります。
本当に有り難うございました。
 

久しぶりの発熱(39度6分)

2017-08-17
 今年の夏は氷も作らず、体に大変気を付けて暮して居りました。体内を冷やすと免疫力が低下するとかで、熱中症にも気を付けて居ました。
ところが8月14日の朝6時に、トイレに行き、出る時に脳貧血を起こし、脂汗が体全体から噴き出るようにどっと流れ、初めての経験をしました。今日は涼しい内にお墓参りにと思っていましたのに…。

二人目の孫が生まれて2ヶ月が過ぎ、婿がお盆休みに入り、少しゆっくり出来ると思っていたのが、気の緩みからか、悪寒もしないので熱は無いと思いましたが測ってみると、なんと39度6分も有り、体温計が壊れているのかなともう一度測ってみると同じでした。大人になってからは、そんなに高い熱を出したことはありませんでした。

HRでは「年に1、2回40度の熱が出ると、いいのですね」と言われておりましたので、寝ていても嬉しくなっていました。
一週間ぐらいで平熱になりました。2、3日少し力が入りませんでしたが、娘も2才10ヶ月と2ヶ月の子供を育てていますし、下の子は母乳ですので、出来るだけ家事等協力しました。

一週間後にヨガ教室に行きましたところ、「お医者さんへ行ったの」と聞かれましたので、「行っていたら、まだ出席出来ないわよ」と話したら皆さん口を揃えて「私だったら行くわよ」と言っていました。
今回の浄化で歯茎に出来ていた血うみの固まりが無くなって、少し小さくなっていた事と、体がとても軽やかになり、2キロ痩せました。

話は前後しますが、熱が38度台の時は、ほうじ茶色のお小水が出ていましたが、37度台になった時に、一晩に7~8回、一時間ないし三十分に一度起きてトイレに行き、行く度によく出るので、こんなにお小水が溜まっていたのかな… と少々驚きました。

また、余談ですが、ヨガの逆転のポーズが私だけ出来なかったのですが出来るようになり、とても嬉しく思っています。

一週間の発熱は、久しぶりで少々辛かったですが、その後は良い変化が必ずあります。
本当に感謝です。ありがとうございました。
 

久しぶりの発熱(39度6分)

 今年の夏は氷も作らず、体に大変気を付けて暮して居りました。体内を冷やすと免疫力が低下するとかで、熱中症にも気を付けて居ました。ところが8月14日の朝6時に、トイレに行き、出る時に脳貧血を起こし、脂汗が体全体から噴き出るようにどっと流れ、初めての経験をしました。
 
今日は涼しい内にお墓参りにと思っていましたのに…。
 
二人目の孫が生まれて2ヶ月が過ぎ、婿がお盆休みに入り、少しゆっくり出来ると思っていたのが、気の緩みからか、悪寒もしないので熱は無いと思いましたが測ってみると、なんと39度6分も有り、体温計が壊れているのかなともう一度測ってみると同じでした。大人になってからは、そんなに高い熱を出したことはありませんでした。

HRでは「年に1、2回40度くらいの熱が出るといいですね」と言われておりましたので、寝ていても嬉しくなっていました。
一週間ぐらいで平熱になりました。2、3日少し力が入りませんでしたが、娘も2才10ヶ月と2ヶ月の子供を育てていますし、下の子は母乳ですので、出来るだけ家事等協力しました。

一週間後にヨガ教室に行きましたところ、「お医者さんへ行ったの」と聞かれましたので、「行っていたら、まだ出席出来ないわよ」と話したら皆さん口を揃えて「私だったら行くわよ」と言っていました。
 

夜尿症


 娘は、幼児の頃からトイレが近く、酷い時には10分おきに行っている時もありました。
夜寝る前にちゃんと用を足しても、朝にはオムツが重たい毎日でした。

小学校へ上がる前までになんとかしたいと、夜尿症専門の小児科の先生に診てもらったところ「膀胱が尿量に対して少し小さい」と言われました。「飲み薬で膀胱を少し膨張させ、容量を大きくするとおねしょが減ってくる」と言われ、服薬もしました。が、成功したりしなかったりで、治りそうにありませんでした。
 
おねしょモニターと呼ばれる、アラーム式のものを付けて寝ていたこともありましたが、睡眠中、いきなり大きな音でアラームが鳴るので、そばで寝ている妹が起きてしまっても、本人は夢の中でした。
無理矢理起こしてトイレに行かせても、朝はまた重たいオムツになっていたこともありました。

HRに相談した所、腎臓に本体を付け、後頭部とお腹にヒーリングするようにと教えて頂きました。

早速その夜、娘にヒーリングした所、翌日はおねしょの量がいつもより多くなっていました。
そして、その翌日からおねしょが止まりました! 前日の量の多さは、余分な物を全て出しきったかのようでした。その後は、2~3回失敗することもありましたが、またヒーリングすると、治まってきました。

現在、小学3年の終わりですが、完治したと思います。
日中はまだトイレが近いですが、長い間オムツが取れない悩みからやっと解放されて、ホッとしています。

お蔭をいただきまして感謝しています。ありがとうございました。
 
TOPへ戻る