本文へ移動

体験報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

腰部脊柱間狭窄症の父が前向きに

 父は八十三才で、数年前に前立腺癌と軽度のアルツハイマーとの診断を受けて、月に一度の注射と投薬治療を受けています。
体重も80キロ近くあり膝痛も出ていて、杖を使用して歩くのがやっとで、常に母が付き添っています。
母の体が負担になっているのがよく分かります。
私は月に1~2回、泊りがけで手伝いに行っています。

昨年の11月に突然父が起き上がれなくなって、病院に運ばれたと連絡を受けました。
腰部脊柱管狭窄症、下肢麻痺で一ヶ月程の入院になると言われました。でも、入院嫌いな父は少し歩けるようになると退院手続きをとり、自宅療養に切り替えました。我慢の限界だったそうです。
 
退院後の診断の時に、主治医から「今のままの治療では、改善が見られないので、手術をしましょう。」と進められました。
必ず良くなる保証はないが、このままでいたら歩けなくなり、寝たきりになるそうです。
術後は一ヶ月間、寝たまま過ごします。とても受け入れることは出来ないと思いました。
 
父の事を私が決断していいものか迷いましたが、HRにご相談させていただき、HR本体を頂いくことにしました。
本体は介護で大変な思いをしている母に付けてもらいました。
 
三日後に手術の執刀医の診断がありました。すると先生は「これは生まれつきだから手術の必要はない、もっと体を動かして筋肉をつけていけば大丈夫。」とおっしゃいました。
 
驚きでした。これは大きなお陰をいただいたと思いました。
塞ぎ込みがちだった父も前向きになり、リハビリに参加するようになりました。
母も喜んでおります。
 
私は時間の許す限り手伝いをしていくつもりです。
本当にありがとうございました。    これからも宜しくお願い致します。
 

トラウマになっていた上司が移動!

2017-08-17
 「今の実験、失敗したら吊るし上げるのでよろしく!」
それはそれはとても厳しい上司。私のトラウマ。このトラウマのおかげで私は幾度となく仕事が嫌になっていったのです。私は元来、失敗するのが得意なのですが、上司は失敗すると冷たい目で見てくるので、徐々に失敗を恐れるようになりました。

「もう、こんなの嫌」と思っていたころ、別件で事務所へ伺うことがあり、ひょんなことから仕事の悩みをお話することができました。自分の今の仕事が向いていると感じていること、仕事をそれなりに楽しめることをお伝えしました。
また、妻から勧められて自分の気持ちを手紙にして、事務所に届けさせていただきました。

それから間もなく、それは突然、自分が所属しているグループとは別のグループのリーダー(課長)が私に「高橋君にとって、今のグループから抜けた方が仕事やりやすいかな?」と言われ、ビックリしてしまい、そのときは「考えさせて下さい」と申しました。

それから何日か経って、会社の大規模な組織変更が発表されました。
おっ!と思いましたが、上司は今の仕事に長年携わっていたので、上司の異動はないだろうなと、異動するなら私かな、お願い、異動!と思っていたのですが、上司が異動とのこと。信じられぬまま思わず心の中でガッツポーズです。
我が目を疑いましたが、その瞬間から心が軽くなった感じがしました。
 
短期間でこのような奇跡を頂き、感謝しております。
お蔭様で今はとても伸び伸びと仕事ができるようになりました。とても感謝しております。
今後は会社のため世の中の人のために、HRの思想を胸に、今の仕事に没頭できたらなと思います。
 

父の尿道結石


 父(61才)は20年前に2回尿道結石と診断されたことがあったそうです。
その時はまだHRと出会っていなかったのであまりの痛さに病院へ行きました。
 
そして、10年前も酷い激腹痛に襲われて、医師の診断では「腎臓結石でしょう」と言われました。
数日後に小田先生からヒーリングを頂きました後に、ねっとりとした黒い便が出て、それからは腹痛も治りました。

今年9月にも似たような痛みが出て仕事を休むことになり、その時「無痛で尿道から小さな石が出た」と言っておりました。それから2週間ほどしてまた痛みのない状態で小さな石が出ました。その時の尿量は大変多かったそうです。
 
尿道結石は三大激痛(群発頭痛・心筋梗塞・尿路結石)の一つと言われておりますので、2回とも無痛だったのでとても有り難い事と心から感謝しております。
 
その後は、体がだるいとか辛いとか痛いなどの症状はなく、いつも通り仕事をさせて頂いています。

「てんかん」を完治させて頂きました

 
 

   

 私は10歳の時に初めて発作を起こし、それから5ヵ月後、2度目の発作で「てんかん」と診断されました。抗けいれん剤(現在名:抗てんかん剤)が処方されて、医師からの説明では「この薬は発作をおさえるだけで病気を治すことは出来ない」と言われたそうです。

その時からいつ何処で倒れるか分からない不安な日々が始まりました。

 

そんな中、母の所に「HRで同じ病気を治された方がいらっしゃる」というお話が舞込んできて、面談をさせて頂けることになりました。

「てんかん」と診断されて4ケ月後のことです。小田先生は「大丈夫、治りますよ」とおっしゃって下さり、その日からHR会員として過ごす事になりました。

 

薬は半年ほどで服用を止めました。中学・高校と倒れることはあったものの、ほとんどが家族の前で、たまに外で倒れても適切に対応してくださる方が近くにいるなど、奇蹟的な事を何度も体験させて頂きました。

 

年々発作が少なくなり、無事大学にも合格し大きな事故もなく勉学に努めさせて頂き、そして4年生の5月に最後の発作が起こりました。

 

卒業と同時に両親の心配の中、研修のため大阪で2年間過ごす事になりましたが、何事もなく研修を終え実家に戻りました。

 

その後3年間も発作の予兆もなく過ごさせて頂きました。

3年間の中では就職もし、そこで耐えがたいほどの精神的、肉体的な苦痛がありました。そういう状況でしたので、両親も発作が起きるのではないかと心配していましたが、予兆もなにも起きませんでした。

 

医師からは「5年発作が無ければ病気は完治している」と言われたそうで、それを母から聞いていましたが、最後の発作から5年後が今年の6月でした。

早くこの日が来ないかと、とても楽しみな気持ちと同時に不安もありました。

そして6月に入り不思議と気持ちも明るく前向きな心で朝を迎えさせて頂きました!

 

いつ倒れるか分からない不安な日々は無く、今では毎日元気に過ごさせて頂いています。

両親もとても喜んでおり、本当に嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 本当にありがとうございました!
 



TOPへ戻る